kokoro'n ほのぼの日記

kospring.exblog.jp
ブログトップ

ドラマ in 運動会

爽やかな秋晴れのもと、長男の幼稚園最後の運動会が行われました。
f0204440_2273611.jpg


年長さんにもなると、見どころがたくさんありました。
まずは年長さんの男の子による組体操。

f0204440_2295414.jpg

f0204440_2210577.jpg


ひとつ技が決まるたびにあたたかい拍手であふれた会場。
年少さんのころはただただお兄さんたちがやっているのを「すごいなぁ。」なんて見ていたのを、気がつけば長男がそのお兄さんになっていたんですね。
長男曰く「危ない技」であるピラミッド。みんなそろってカッコよくキメていました。


長男の幼稚園のプレクラスに通う次男も、運動会に参加しました。
お遊戯なんですが、次男は練習時と同じように本番である運動会のときも踊りませんでした・・・。
こちらはまだまだ「やらされてる」感たっぷりですね^^;


どんどんとプログラムは進んで、リレーがやってきました。
なんでも、長男のクラスはこのリレーにかなり力を入れていたらしく、長男も「1番になる!」と張り切っていました。
練習のときはビリから始まった長男のクラス。
でも、練習を重ねる度に順位を上げていって、最近では1位をとるようになったそうです。
そんな経緯をわたしも知っていたので、応援により力が入りました。

リレーがスタートし、最初は後ろのほうを走っていた長男クラス。
でも徐々に順位を上げていって、長男の順番が近づくころには1位、2位を争う接戦に!
そしていよいよ長男の番。 こちらのほうが緊張です。。

長男にバトンが渡って、さぁ、スタート!!・・・・んんっ!?なんかスタート時にもつれた長男。
なんか、走り方がものすっごく変な長男。。
足をかばうようにひょこひょこ走っているなぁと思っていたら、片方の靴が脱げた!
「あぁ・・・」とため息まじりの歓声があがり、そうこうしているうちにどんどん後続には抜かれ・・・。

戸惑っていた長男。
靴を拾うのか、どうしようか・・・。
そんな長男を見守っていたら、転がった靴を捨て走り出しました。
片足靴下のまま走り抜け、なんとかバトンを次の子へとつなぎました。
でも、長男はその瞬間泣き出してしまいました。

「あぁ、悔しいんだな・・。」
長男の気持ちが手に取るようにわかったので、こちらまで涙ぐんでしまいました・・・。

その後、後続の子たちのがんばりによって長男クラスは2位という結果を残しました。
1位じゃなかったけど、みんなのがんばりが結んだすばらしい結果だと思います。

しかし、長男の落ち込みようは回復していないようで・・。
リレーのあとはすぐに親子フォークダンスだったので、わたしは長男のもとに向かいました。
悔し涙がぼろぼろととまらない長男は、この後参加する鼓笛には出たくないと言い出し。。
わたしはただギュッと抱きしめるしかできなくって・・。

もう、親バカ承知なんですが、長男と一緒にわぁわぁと泣きたかったです。
(いや、ポロッと涙がこぼれてしまってましたが・・冷静に考えれば、親子で泣いてどうする?ですよね・・)
最後には担任の先生が「これが最後の鼓笛。今まで一生懸命練習してきたんだから、がんばろう!」と励ましてくれて、なんとかうなずく長男。


競技をいくつかはさんで、いよいよ鼓笛がはじまりました。
フォークダンスが終わっても暗~い顔をしていたので、少し心配ではありましたが、いざ姿を現した長男はしっかりと楽器を演奏していました。

f0204440_22543984.jpg

なんとか気持ちを切り替えてくれたようです。ほっ。
最後までみんなと一緒にびしっとやり遂げてくれました。



意外なドラマがあった幼稚園最後の運動会。
親子ともども、人生の思い出になるような時でした。

担任の先生も最後には「みんなすごくカッコよかった!」と涙を流していたのが、より印象でした。
(そんな先生を見て、また涙ぐむわたし。)


今日はか~な~り親バカ日記でごめんなさい。
子育てっていいな^^と思える1日だったもので・・。

この悔しさをバネに長男にはたくましく育っていってほしなと思う親心でした。
[PR]
by kokoron-spring | 2010-10-08 23:01 | いろいろ